そばかす

そばかすは元来、日本人には多くない。というよりむしろ、白人に多い。白人の肌は東洋人よりも薄くデリケートであり、紫外線に弱い。そのため、紫外線によるメラニンをより多く吸収してしまうのである。また、紫外線に弱いということは、紫外線の強い地域、赤道直下の国々などに行くと、真っ赤に日焼けし、そばかすを作って帰ってくるケースも多々ある。気をつけねばならない。
しかし、白人じゃない我々日本人にもそばかすに悩む人が少なくはない。原因は、先天的なものである。そばかすは遺伝により、生まれつき多い場合がある。よく、シミ、そばかすなどと一緒くたにされることが多いが、シミというものは加齢によりお肌の新陳代謝が衰えることにより発生、というよりメラニンが住み着いてしまうことである。生まれた時には決まってしまっている可能性のあるそばかすとは若干の趣の違いがある。
では、先天性で決まってしまうそばかすは治しようがないのか。もちろんそんなことはなく、日々の肌ケアにより治し、再発を防ぐことが出来る。ケアをすることにより、そばかすを無くし、新陳代謝を促し、ターンオーバーを促進し、よりよい肌を手に入れることで再発を防ぐというものである。
ただ、生まれつきの人は再発がしやすい。毎日のケアを怠らないようにしていただきたい。