11、シミ、ソバカス、紫外線

シミやソバカスのお悩みは、我々日本人、いや東洋人を多く含むモンゴロイドよりは、西欧の人、というより白人が先行している。白人がシミやソバカスに悩まざるを得ないのには、人種の違いがある。
西欧の人、というより白人は、東洋人やモンドロイドと比べて皮膚が薄く、しわ、たるみなどが出来やすい。また、なんといっても向こうの人の代名詞でもあるシミやソバカスが出来やすい。これは黄色人種と白人の違いでもあるが、白人は概ね色素沈着の度合いが激しくなり、メラニンが少量でも目立ってしまうためである。
だからといって我々日本人にシミやソバカスが出来ないワケではもちろんない。なのでシミやソバカスのもととなる紫外線のケアをしなければならない。しかし、紫外線の強い国というものがある。それは基本的に赤道直下やその付近の国となるのだが、特に南米、アフリカ、インドネシアから東ティモールにかけては特に強い国と地域である。インドネシアのバリ島なんかは、日本からも訪れる方が多いであろうが、特に紫外線が強い場所であるので、注意していただきたい。
しかしこれに照らし合わせると、西欧の国のほとんどは紫外線が強くない国ということになる。人種としての紫外線への弱さは相当なものだということか。


そばかす美人 そばかす 22時に寝ることでシミを改善 保険の適用について