シミと保険

シミというものは多くの場合、加齢が原因とされる。加齢により、肌の新陳代謝が落ち、ターンオーバーが鈍くなることがある。ターンオーバーのサイクルは概ね4週間であるが、これが遅れてしまう。メラニンが落ちず、移っていき、溜まってしまい、黒ずんでくる。これが色素沈着といい、最終的にそれがシミとなって残る。
つまり、シミは加齢によりできるという認識は、長く生きていれば誰にでも訪れる仕方のないこと、という認識に繋がる。そうすると、シミを取りたいというのは言うまでもなく美容目的ということになる。美容目的ということは、シミを取るにあたっては健康保険の適用外ということになる、つまり全額自己負担だ。では、それでもシミを取りたいという向きは、いったいどれだけの金銭的負担をこうむることになるのか。
レーザーでの除去となると、1センチを超えると1万5千円〜2万円が相場となってくる。これくらいなら・・・とは思わないでほしい。なぜなら、レーザーによるシミ取りは1日にして成らないからである。程度にもよるが、3〜5回は通っていただくことになるので、留意していただきたい。
シミの範囲がそれより小さければ、その半分ほどの値段で済むので、大きさに関して、医師に確認していただきたい。