22時に寝ることでシミを改善

シミというものは肌年齢を表すもので、当然のことながら肌の環境が悪くなることで現れやすい。また、シミはひとりでに出来るものではない。ある程度の条件が揃ったところで発動するトラップカードのようなものである。実際、多くの場合は加齢によるものであり、また、その宣伝も十分行われていることから、年齢によるものならば仕方ないとたいていの方は思いがちである。しかし、やはり環境によってよりけりであることも間違いないのである。
「美人は夜に作られる」の格言の通り、22時から2時の間が最も活発に細胞が生まれ変わるのだ。良い肌を作るには、出来ればその時間には寝ておくことが肝要であり、最も楽な方法ではないだろうか。「世の中に 寝るほど楽は なかりけり」とも言う。なので、早く寝ること=睡眠時間を多く取ることは楽なはずで、まずはそこから始めるというのはいかがだろうか。22時に寝れば8時間睡眠だとしても翌朝は6時起床だ。出勤通学までにどれだけ時間が余っているか、その間なにができるであろうか。それに、その8時間睡眠はただの8時間睡眠ではない。例えば8時半に出勤するとして、8時起きだから0時に寝る、といったようなものではない。最高に肌を慮った8時間睡眠なのである。